メイン

国内での販売ルートは限られております。

当社が認める代理店とその卸先や商社など流通経路を

ハッキリさせる事でSFR製品についての責任を我々が持っている訳です。

国内での実績はあるのか?

|

SFR製品が国内に入ったのは平成3年の12月からとなります。

当初、大手建設会社さんに認めて頂いた事から国内で大きく需要が伸びてきました。

今ではアサヒビール工場やセキスイの工場、JFEスチール等、更には

もちろん、あらゆるオイルに使用可能です。

油圧機器にも良いし、コンプレッサーやギヤ関係など全てのオイルに

添加する事で機械の寿命を間違いなく延ばします。

その他、潤滑スプレーやグリースも大きな効果を得ています。

SFR100Sの成分は調べれば分かるのですが、一応は企業秘密の部分もあります。

大まかな分け方をすれば塩素系の添加剤という事が言えます。

他の添加剤には色々なものがあります。一概には言えませんが

フッ素系樹脂、モリブデン、鉛、カーボン、PTFEなど様々です。

SFR100Sを入れて潤滑性が良くなり機器類が壊れるといった事は

まず考えられませんが、それでもご心配でしたらお答え致します。

我々(株)ジェイテックでもSFRアメリカ本社にても多額のPL保険に加入しております。

F&Qの検索

このF&Q一覧ついて

このページには、過去に書かれたF&QのうちSFRカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアークバリア21です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはこちらのF&Qの一覧ページで見られます。

カテゴリ一覧

バナーエリア