« アークバリア21の上に、窓ガラス用の撥水剤は使用できますか? | メイン | コーティングした後、ボディにキズはつきますか? »

ガラスのコーティングは事故などでボディがへこんだりした時に割れませんか?

アークバリア21は、ボディの表面に極薄でコーティングされています。

コーティングの膜厚は0.5ミクロン程度なので塗料に追従します。

ですから、コーティング面だけが割れたりはがれたりすることは絶対にありません。

車のボディの塗料は、約120~150ミクロン、塗膜1枚が約30~50ミクロン、サランラップは18ミクロンです。

1ミリは1000ミクロンなので、アークバリア21がどれだけ薄いかがお分かり頂けると思います。

F&Qの検索

このF&Qについて

このページは、jtecが2008年7月 9日 15:15に書いたF&Qです。

ひとつ前のF&Qは「アークバリア21の上に、窓ガラス用の撥水剤は使用できますか?」です。

次のF&Qは「コーティングした後、ボディにキズはつきますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはこちらのF&Qの一覧ページで見られます。

カテゴリ一覧

バナーエリア